なぜ校正が必要になるのか

計測機器の校正が必要となる理由

計測機器は、私達の生活で日常的に使っている道具を作るのに用いられています。簡単な例を挙げると眼鏡や時計が有名かもしれません。眼鏡の度数の調整、時計の針が正しいかどうかの設定をするために使います。ですが、劣化が発生してくると、その計測機器が正しい数字を示さなくなることが出てきます。この時に出番となるのが校正の仕事をする業者達です。依頼をすれば、専門的な知識や技術をフルに生かして計測機器を直してくれます。

日常生活の中でも校正の仕事の必要性を感じる場面もあります。最も体感しやすいのが雷による落雷で発生した停電です。例えば近くで稼働している工場が停電の影響で、仕事に使用する計測機器の数字に乱れが生じたとします。放置すると作業の進展に影響が出るため、校正を生業としている業者を呼ぶことになります。
工場で使用する計測機器は、医療器具や光学系機器などを作る際に必要不可欠です。仕事に欠かせない道具なので、校正の仕事をする業者を呼んだのは正解と言えます。

日本製の計測機器は海外の物に比べると、丈夫で長持ちしてくれるのが特徴です。ですが、時間が経てば正しい数字が出なくなることがあるので、その時は校正の出番となります。そして業者に校正を頼み直してもらうと、再び使えるようになるため、依頼をして良かったと満足する人が大半を占めます。

計測機器の校正の必要性とは?

計測機器の校正は、そもそも機器を選択したときに仕様の限度値の範囲内に測定値が収まっていて、正確であることを保証するための作業のことです。使用している機器は、定期的に校正を行うことによって、正しく動作し、本来の性能を発揮することができます。校正の必要性は、ISOの要求を満たす目的だけではなく、自社製品の品質、仕様の確保、保全のために必要となるものです。
なぜ、校正が必要になるのかといいますと、例えば、誤った合格判定が下されると、顧客に劣悪な製品を出荷することになり、品質に関する信頼を失うことになってしまいます。逆に誤った不合格判定が下されると、出荷量が減ってしまい、作業のやり直しのコストがかさみ、廃棄処分量が増えていき、多くの損害が出ていきます。計測機器というものは経年変化等により誤差が生じていきます。その誤差が測定精度に影響しないことを確認し、誤差があれば校正する必要があるのです。一般的に多くの計測機器メーカーでは、年に一回の校正を推奨されています。
上記のことが起こらないようにするためにも、定期的に校正を実施することにより、機器を最適な状態に保持し、設計、トラブルシューティング、製造の作業をスムーズに進めることができます。