校正業者が一括サポート

計測機器の校正を一括サポートしてくれる

ものづくりにおいて世界のトップレベルを誇っている日本。計測機器の校正、修理はコンスタントに行うことが大変重要です。計測機器においても経年劣化や磨耗により正しい値を表示できなくなってきてしまうもの。定期的なメンテナンスに加えて校正を行うことが求められております。しかし計測機器ごとやメーカーごとに校正を受けてはもらえますが、現実的には機器ごとに別の業者にお願いするというのは難しくなります。そこで計測機器の校正と修理を行っている専門の業者にお任せするという方法があるのです。
専門の業者なら、充実した校正設備を整えておりますし多種のメーカーにも対応しております。これは校正協力業者ネットワークを構築しているため、あらゆる計測機器についての校正ノウハウを持っているためです。つまりは複数の業者に校正依頼や見積りをする心配はありません。また自社設備を整えている校正業者があり、その場合は大幅に校正コストの削減が期待できます。機種によっては30%以上も安価で行うことが出来る場合もあるのです。
さらに納期までの日数が長いとその間お仕事が滞るというお悩みも大丈夫。専門業者なら最短で3営業日程度で校正完了し発送してくれるケースもあります。計測機器の校正専門業者はネットで申し込みも可能ですから、一度検討してみてはいかがでしょうか?

計測機器校正の基本は機器管理

各企業が事業をしていく中で計測機器を使用する場合、定期的なメンテナンス作業は欠かせないと言えます。そのため、計測機器の校正を行うことになります。この作業を行っておくことで、より高品質なサービスを提供することができるので、企業が提供するサービスの信頼度を高めることが可能です。そのようなことから、計測機器の校正は例え手間がかかってもおろそかにはできない作業だと言えるでしょう。

計測機器の校正を行う場合、いろいろな作業をすることになりますが、その中でも基本なのが機器管理です。どの計測機器をどこでどのように使用しているのかを把握していないと校正をすることができないからです。そのようなことから、各計測機器を特定できるように管理する必要があるのです。どのように各計測機器を特定できるようにするのかというと、品名や型式、シリアルナンバーや管理ナンバーなどをリスト化しておきます。部署名や作業場ごとにリスト化しておけば、計測機器を特定しやすく、効率的に管理を行うことができるでしょう。計測機器の管理を行う際、リスト化する書面の書式は特に決まっていませんが、インターネット上のサンプルはよくまとまっているので、こちらを使用して行うとよいでしょう。