プロの業者だからできること

計測機器の校正を業者に依頼すると

例えば圧力計の校正を業者に依頼したとします。業者は手袋をはめて圧力計を触り、数字を調節する部分を使いながら針が正しい位置を向くように調整してくれます。使用している状態での確認もするので、作業が終わる頃には針が1mmの誤差すら発生していない状態に戻っています。
簡単な作業のように見えますが、少しでも誤差があれば業者の評判に関わるので、作業中は瞬きすらしないほど真剣な表情の場合がほとんどです。そのため、校正をして頂いている時は用がない限りは声をかけない方が無難です。

業者が長さ計の校正をする時は、国が標準器として定めた特殊な工具を用いて行います。定められた通りになっているか調べて校正する作業なので、長さのある機器ほど時間がかかるのが特徴です。
数が豊富にある時は1人でやっていると時間がかかるので、複数の業者が対応に当たることが多いです。1人でやれば半日かかる作業でも、数人でやれば数時間まで短縮できるからです。

体積計の校正を頼まれると、業者は持参した分銅を使って作業をしてくれます。小さな分銅を使って調べていき、結果が正しいと認識したら更に重くして調べるという形式です。重さが異常だと判断したら校正をして正しい数字が出るように直します。

頼りになる計測機器の特徴

国家レベルで重要な内容となる情報を正確な計測機器で行えば、次へ進むべきステージがはっきりします。計測機器全般は日本製は非常に質が良く、海外の企業からの依頼も続々と増えています。さらに測定する国家資格を有した人のスキルが高く、日本人の測量における技術は世界へ誇れる環境が構築されています。人が測定することが難しいところまで丁寧な測定が可能となれば、計測機器の需要が高くなっていきます。ちなみに土木および建設会社向けの機器は、三次元で観測できるシステムまで用意されています。
これからはスマートフォンやタブレットで遠隔操作できる計測機器が主流となり、赤外線カメラと一緒に大半のものが測れるようになっていきます。高品質の機器は1台導入するだけで高額となるため、レンタルによる契約も注目されています。それから測定結果におけるズレを解消させるには、近くでアドバイスできる人を置くことが大事になります。観測上の高精度を追及させることで、企業での業務はより信頼できる結果が生まれます。
海外で製造する上で、性能評価試験の基準を明確にさせることが大事になります。常時正しい結果を出すことで、顧客満足度を向上させる結果が見えてきます。