計測機器に必要な校正とは

計測機器に欠かせない校正

計測器を使っていると、生じる可能性があるのが、値に関するズレです。ズレが生じてしまうと、正確な計測が行えなくなってしまいます。とても小さな計測のズレであっても、ズレが生じると、様々な問題が発生する原因となります。そんなズレを直し、正しく使える状態にすることが、校正です。

校正は、標準器を使って行われます。標準器とズレがないかを確認し、少しでもズレがあれば、正しい状態へと戻していきます。それによって、常に正確な計測ができるようになります。そんな校正のタイミングは、計測前と計測後です。正確な計測を行う為には、実際に計測を行う前に、計測機器にズレがないかを確認しておく必要があります。そして、計測後に再び校正を行うことによって、計測機器を使っている間に、ズレが生じなかったかどうかを確認することができます。その為、正確な計測を行う為には、計測前後の校正が大切です。

理想となる校正のタイミングは、使用前と使用後ですが、使用者の考え方によっては、タイミングが異なることがあります。その為、仕事先で計測をする場合には、事前に最適なタイミングについて確認をしておくことがおすすめです。個人で仕事をするのであれば、使用前と使用後の2回の計測を心がけておいて損はありません。

なぜ計測機器を校正するのか

計測機器とは、化学の分野で物理量を計測するために用いられる機器を言います。電力、石油化学、製薬関係の企業の中には、仕事上計測機器を使用するケースが少なくありません。計測機器を測定するごとに誤差が出てしまうことも多いですが、その差があまりにも大きいと精度の問題が生じてきてしまいます。誤差によって精度を欠く測定をしてしまうことで、誤測定してしまう可能性も出てきます。それによって、企業は顧客から信用を失ってしまうと大打撃を受けてしまいます。そのようなことから、高い精度の測定をすることができるように、定期的に計測機器を校正しておく必要があります。校正とは、測定する際に生じる誤差を修正することを言います。この作業を行うことにより、より正確な値を測定できるようになるので、顧客からの信頼を得られるようになります。ISO9001においても計測機器の管理を求めているので、その点でも校正作業は重要だと言えるでしょう。

計測機器の校正はどのくらいの期間で行えばよいのか知りたい人も多いでしょう。法律では特に期間は定められていませんが、1年に1回のペースで行うのが好ましいです。1年程度利用するとどうしても計測機器の精度が乱れてきてしまうからです。